ビッグイシューさっぽろについて

ビッグイシューさっぽろの歴史

札幌では、ビッグイシュー日本版が創刊されてから4年後の2007年9月3日にビッグイシューの販売を始めました。 当初は「北海道の労働と福祉を考える会」が札幌でのサポート団体となり、運営を始めました。 そして2008年3月22日からは、「ビッグイシューさっぽろ」という組織として独立し、活動しています。

当初は当時北海道大学准教授だった中島岳志さん(現東京工業大学教授)が中心となって活動を行なっていましたが、今はボランティアが中心となって活動しています。

2017年に活動開始から10周年を迎えることができ、記念イベントも開催致しました。

ビッグイシューさっぽろのメンバー

所属しているメンバーは事務局長以下全員がボランティアです。そのため、事務所に常駐しているメンバーはいませんので、ご来訪の際は必ず事前にご連絡をお願い致します。メンバーは主婦や社会人、シニア世代、会社経営者、障害を持った人など多彩なメンバーが揃っています。

ボランティアを常時募集しておりますので、興味のある方はお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

所在地・連絡先

住所(卸場所):札幌市中央区南8条西2丁目5-74 市民活動プラザ星園305号室
※スタッフがいるのは、火・木・土のAM9時30分〜11時までの時間のみです。
※ご来訪の際は、事前にご連絡をお願い致します。

TEL:070-1732-1849(事務局長 平田)
※折返しご連絡を差し上げる場合、別の電話番号からとなる場合があります。

E-mail:big.issue.sapporo@gmail.com